環境を変えることの大切さ

ビジネススキル

これを読んでいるあなたは、下記のような状況ではないでしょうか?

一般人A

▪︎ 今の自分に満足していない

▪︎ 何か新しいことに挑戦したい

▪︎ 環境を変えたいと思っている

そんな方に環境を変えることの大切さをお伝えします。

今の環境を知る

f:id:bio10020703:20190505134906p:plain

今自分が置かれている環境はどのようなものでしょうか。

この記事を読んでいるということは上記いずれかの状況にいるのではないでしょうか。

今いる状況に関して少し整理してみましょう。

今の環境下で満足でいていない理由や、頑張れない理由があるはずです。

その理由を徹底的に分析してみましょう。

例えば下のような理由があるのでは?

一般人A

▪︎ 人間関係がいやだ

▪︎ 今の環境でもう1位を取った

▪︎ これ以上ここにいても成長できない

では今の環境を知ると次は何をしたらいいのか?

どうなりたいかを知る

f:id:bio10020703:20190505135146p:plain

自分が環境を変えたい理由が先ほどのように出てきましたら、次は自分を知る必要があります。

なぜ今の環境に満足できていないのか。

本当は自分はどうなりたいのか。

これを知らないと環境を変えるといっても、どう変えたらいいのか。という点に関して非常に困ります。

▪︎ 幼少期は何にワクワクした?

▪︎ 小学生・中学生の時は何にワクワクした?

▪︎ 大学生の時は何にワクワクした?

▪︎ 今は何にワクワクしている?

などと、ワクワクしたものや、嫌いだったものに対することを研究してみましょう。

そこに共通しているものはなんなのか。変化していったものは何なのか。

これを理解しましょう。

その点に関しては前田祐二さんのメモの魔力が非常に参考になりますので、是非読んでみてください。

環境に飛び込む

f:id:bio10020703:20190505135255j:plain

自己分析もしっかりとできたのであれば、あとは環境を変えるだけです。

ちなみに僕も最近環境を変えたばかりです。人間同じ環境に居続けると居心地は良くなってくるようになります。

しかし、それは本当に自分に合ったポジションなのかは確かではありません。

最初に感じることが大切になります。

例えば、新卒入社した会社に関しても、最初はすごく居心地が悪いと感じませんでしたか?

しかしそれは時間が経てば経つほど当たり前になり、居心地が良くなる。人間は同じ環境に居た方が楽だし、楽をしたくなる生き物です。

だからこそ、最初に感じた直感を大切にしましょう。