スカウトメールが上手くいかない!紹介会社が意識するポイント

人材紹介

人材紹介事業を行う上で最も大切なのは母集団形成です。

いくら良い求人を持っていようが求職者の方が登録していないとビジネスとしては成り立ちません。

特に中小企業やスタートアップの企業は母集団形成に非常に苦労するポイントです。

多くの転職エージェントはスカウトメールを送って母集団形成を行いますが、このような思いはあるのではないでしょうか。

一般人A

●スカウトを送っているのに返信がない
●スカウトの返信率を上げたい
●スカウトの文面はどのようにしたらいのかわからない

こんな悩みをお持ちの転職エージェントやこれから人材紹介会社を立ち上げる方への記事を用意しました。

ターゲットを絞る

f:id:bio10020703:20190922192428j:plain

まずはターゲットを選定するにあたって、非常に詳しい条件で絞るようにしましょう。

スカウトメールを送るにあたって1つ目の重要ポイントはペルソナ設定です。

ペルソナ設定とは自分がスカウトを送る人を詳しく想定することです。

例えば、「年齢は24〜27歳くらいの第二新卒。飲食店で接客業務を行なっていたが、このままでいいのかと思い、ビジネススキルを身につけるため転職を決意しており、これまでの接客の経験を生かして営業マンになりたい」と考えている人。

などということです。

まずはここまで落とし込むことが大切です。

特別感を出す

f:id:bio10020703:20190922192208j:plain

スカウトを送る上で大切なのは特別感を出すこと。つまり、「あなただけに送ってます!」と感じてもらうことです。

転職サイトに登録している転職者の方は1日に何通ものスカウトメールを受け取ることになります。

その中であなたが送るスカウトメールは目を通してもらえるような内容になっていますか?

ありきたりな誰にでも同じようなことを送っているようではいつまでも開封されることはありません。

また、一括送信にて送ることもできますが、一括送信で送るのと、毎回1から作るのであれば当然後者の方が返信率が高くなります。

長々と書きすぎない

f:id:bio10020703:20190922192803j:plain

スカウトメールを長々と送られると求職者の方はどう思うでしょうか?

1度自分宛にスカウトメールを送ってみるのをオススメ致しますが、長いスカウトメールが来ると、それだけで鬱陶しく、目を通す気にもなりません。

伝えたい内容はできるだけコンパクトにまとめることをオススメします。

また、スカウトメールの冒頭に自己紹介や会社の紹介をする人が多くいますが、まずは転職者にスカウトメールを読んでもらうことが大切です。

自己紹介からしたところであなたのスカウトメールは見られるでしょうか?

もちろん自己紹介や会社紹介をすることも大切ですが、最も大切なのは「おっ!?」と思ってもらうことを覚えておいてください。

メンタリストDaiGoさんの人を操る禁断の文章術は、転職エージェントにとって多くの学びがある内容となっております。

是非一度読んでみることをオススメします。

まとめ

スカウトメールの返信率を上げるためには、ピンポイントのターゲットに対して特別感を出して送ることが最も重要になります。

「〇〇会社の〇〇の経験を活かせる〇〇の求人があります!」

「今回オススメできる理由は〇〇で、弊社は〇〇の実績があり、弊社を利用すると〇〇なメリットがあります」

などと具体的に送り、実際に利用してもらうイメージを持ってもらうような努力をしましょう。