第二新卒が絶対にやってはいけない転職方法

転職活動
●新卒で入社した会社の環境が合わない・・・
●入社した会社と非常にギャップがある・・・
●転職しようとしているけどどうしたら良いか分からない・・・

いますぐにでも転職活動をしたい!
そのように考えている人も多いかと思います。

しかしながら元エージェントを行っていた私からすると、それは非常に危険です!
見切り発車で転職活動を行って上手くいくほど転職活動はあまいものではありません。

このような方に向けて、元エージェントを行っていた私が絶対にやってはいけない転職活動についてお話しいたします。

入社1年以内に転職すること

第二新卒が転職をする上で1年以内の転職はオススメできません。
特に新卒で入社して1年以内に退職をするとなると余計オススメできない転職方法となります。

よく、会社には3年はいろ!
と言われるかもしれませんが、3年もいる必要はありませんが、1年以内の転職は中々難しいでしょう。

それはあなたに問題があるのではなく、入社して1年以内に退職した人を受け入れてくれる会社が少ないことが理由です。

何か特別な理由があるなら仕方がない部分んもありますが、よっぽどではない限り入社して1年以内に転職をするのは避けておいた方が良いでしょう。

何も成果を出さずに退職をすること

第二新卒で間違いなく面接の時にいやほど聞かれる質問内容として

「どうして退職したのか?」
「どうして弊社に志望したのか?」

という転職の理由は非常に聞かれます。
何も成果を出さずに転職をすすめてしまうと、質問された内容に対して言い訳のような回答になってしまいます。

転職活動をする上で大切なことは今の会社でできることをやり遂げてから転職をすることです。

例えば営業職であれば
●社内で1番の成績を出してから転職をする
●常にノルマを達成しておく

などという結果を出してから転職をするべきです。

大前提として企業側が求めている人材は『会社で成果を出せる人材』です。
前職で最大限の努力をした上で転職活動にのぞむようにしなければ、あなたを買いたいと思う企業は現れません。

後ろ向きな転職理由となると中々思い通りの転職活動にはならず、同じ失敗を繰り返す可能性があります。

他責思考でいること

転職をする上で避けては通れないのは、面接になります。
仕事をする上で他責思考を持ったまま仕事をしていると、人生において非常に損をする可能性が高いです。

転職活動で面接をするから他責思考をやめる!
というのは中々難しく、どうしても日頃の生活から出てしまう可能性があります。

面接時に人や環境のせいにした回答をしていると間違いなく受かることはありません。
日頃から自責思考で、今の自分に何ができるのか。
上手くいかなかったのであれば、何が問題だったのか、自分がどうすればよかったのかを考えるようにしましょう。

面接時によく聞かれる『なぜ転職したいのか?』という理由に対して、前職の不満や愚痴ばかりを溢してしまう人は企業から良いイメージを持ってもらえないため、転職に成功する可能性が低くなります。

どこの企業へ行っても不満は出てくるものだと認識しておきましょう。

大切なのは『その中でどのような形で最大限努力をして、その結果はどうだったのか?』という点です。

それを自信を持って話せるようでなければ転職は難しいでしょう。

転職先が決定する前に退職してしまう

転職先が決定する前に退職してしまう方がいらっしゃいますが、非常に気をつけた方が良いでしょう。

企業が考えていることは『より優秀な人材を可能な限りコストを下げて採用したい』ということです。

転職先が決まる前に退職してしまうということは、それだけでも弱点になってしまいます。

特に給与交渉がしづらくなります。採用担当の方からすると『退職していて収入がない状態だから、これくらいの給料でも入社してくれるだろう』という考え方になり、あなた自身も交渉の材料がないため、それを受け入れることしかできなくなってしまいます。

転職活動を行うのであれば可能な限りリスクを下げた上で転職活動をすることをおすすめ致します。

エージェントを1つしか利用していない

転職に失敗する人の特徴として多いのが『エージェントを1社しか利用していない』ということです。

これは本当に危険なので絶対に辞めた方が良いでしょう。
理由は単純で『転職エージェントはボランティア団体ではなく、あなたが入社することによって企業から報酬をもらうことができるから』です。

エージェントを利用すること自体が悪ではありませんが、エージェントを利用するのであれば複数利用することをおすすめ致します。エージェントは良い意味で利用しなければ、ただ搾取されるだけです。

可能な限り複数のエージェントに登録をして、客観的な意見を多く取り入れて転職活動を行うことをおすすめ致します。

初めての転職はエージェントを活用するべき

『あなたは職務経歴書をしっかりと書くことができますか?』

これに対して自信を持って答えることができないのであれば転職エージェントを利用してみることをおすすめ致します。転職エージェントは手数料ビジネスのため、最終的に入社する会社はエージェントからの企業に絞る必要は全くありませんが、職務経歴書を自信を持って記入することができないレベルなのであれば、転職活動に失敗する可能性が高いので、エージェントに相談してみることをおすすめ致します。

しかしながら登録する際は1つに絞るということは転職活動が失敗に向かう可能性が非常に高いです。

以下に元エージェントの私がおすすめするエージェントを纏めましたので参考にしてください。

20代におすすめの転職サイトまとめ〜元エージェントが紹介〜